かまた哲郎の政策

「チルドレンファースト」少子化対策について

子供の出征数の減少には二つの原因があると考えます。
①結婚をしていない独身者の増加と全体的な晩婚化
②出産適齢期の世帯の経済的な余裕がないこと

これに対して私の考える政策は
①結婚を奨励する社会風潮を育み、仲人業や婚活の分野に行政が参入して、結婚を前向きにとらえられる社会をつくる。
②夫婦二人で三人の子供を持てば少子化にはなりません。3人目のお子様には行政が充分な助成をするべきです。私の考えでは月6万円の支給が必要であると思います。

居心地の良い社会をつくる。

私はサラリーマンと自営業の両方を経験してきました。市民目線でいろいろな人々が居心地の良い社会を目指します。

2025年の大阪万博の準備について

大阪万博の開催は大阪府民と大阪の企業が中心となり勝ち取りました。決して一部の人の手柄ではありません。
開催に向けて万全の準備をし、且つ半年間の開催期間の終了後の高揚した経済の継続を図る方策をつくりたいと考えます。

国民民主党公認 かまた哲郎です。

岸和田市選挙区のかまた哲郎です。元気な岸和田を取り戻し、活気あふれる大阪に、みんなが居心地よい社会をつくります!

【子育て、仕事、人生を楽しめる共生社会のために…】
〇「チルドレンファースト」―すべての子どもと若者たちに夢とチャンスを
〇多様できめ細かい教育を
〇働く人に誇りとやりがいを
〇100歳時代に安心を
〇多様な価値観と人権の尊重を
〇消費者の権利保障と食の安全・安心を
〇みんなの税を暮らしの支えに

【豊かで安全で持続可能な未来のために・・・】
〇地域主権改革を進め、自立した活力ある地域を
〇次世代につなぐ農林水産業を
〇世界水準の最先端技術立国を
〇原子力エネルギーに依存しない社会のシナリオを
〇環境保全の推進を
〇国民の命を守る災害対策を
〇平和主義を守り、現実的な安全保障を 
〇開かれた国益と平和創造外交を
〇未来志向の憲法を

PAGE TOP